【一度見たら忘れられない沖縄究極ビーチ】日本最南端波照間ブルーに心奪われて、、、

波照間島 キャッチアップ

もし貴方が、雲一つない真夏のこのビーチを初めて見た瞬間、きっと貴方も思わず口からこんな言葉が出ると断言できます。「何この海!」「こんなの見たことない!!」「綺麗すぎる!!!」と。そんな日本最南端の波照間島に行った時の感動をおすそ分け。最後まで見たら絶対行きたくなりますから・・・・。

日本にこんなビーチが存在したんだ!

ここは決して上陸許可がいるわけでもありません。飛行機と高速船を使えば、誰もが行く事が出来る究極のエクセレントビーチです。その名も波照間ニシ浜。ちなみに私が初めてこの場所に行ったきっかけは、石垣島メインで旅行したおりに「ちょっと近くの離島巡り」ぐらいの軽い気持ち。まさに財布以外はほぼ手ぶら状態。当然水着など持参無し。それは本当大失敗でした・・・。次に行く時は泊りで3泊はしたいと思わせるような、そんな夢ごこちにさせてくれるエクセレントリゾートです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
ブルーというより透明。遠浅で足元もサラサラのパウダー(珊瑚が波で洗われ小さくなった幹事かな)で歩いていても気持ちいい
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

こんな波の音、ずーと聞いていたいよね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

波照間島への玄関口は石垣島から

まずは波照間島へ行くには石垣島をベースに丸々1日スケジュールをあけてくださいね。そしてこの島に向かうには、安栄観光の定期高速船に乗って行くのですがこの高速船がまたまた名物高速船なんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

安栄観光高速船それは海の○○○!?

この高速船が本当に凄いんです。ある意味名物です。波照間島への航路の半分以上を外洋を航行します。ようはウネリがあり波が高い所を通過するわけです。しかも高速で。勘のいいかたならお分かりですよね。

それはそれはもう船が揺れるというものではなく海面に船体を叩きつけながら爆走するといった感じがピッタリな船旅です。高速船の船尾には外に出れるデッキはありますが正直、外洋航行中はでない方が身の為です。え!そんなの無理、という方には30分余分に時間はかかりますが大型高速船「ぱいじま2」も運行されていますのでご安心を・・。

そもそも論ですがこの石垣⇔波照間便は運行本数が石垣⇔竹富島便と比べたらとっても少ないです。通常時期で1日3便。Hiシーズンになれば2-3便追加にはなった思いますが圧倒的に少ないです。なので波照間島へ行く際は絶対に事前予約してくださいね!

後、海がしけると直ぐに欠航になるのも波照間行きの特徴です。なので、台風がまだ石垣島には接近してなく晴れていても外洋ともなれば話は別、間違いなく大荒れ欠航です。私の友人なんかは2度チャレンジしましたが2度とも欠航で波照間島へは到達できずでした。決して珍しい話ではありません。ですのでせっかく石垣&波照間へ行くのであればスケジュールにゆとりある最低でも3泊4日をおススメします。

こっちが小型高速船。いかにもって感じでしょ。でも最近は「牙を抜かれた虎」になちゃったとか・・・? 要はおとなしくなったのかな(笑)

石垣島⇔波照間島の乗船券は事前予約が絶対にお得!!!

じゃらんからならポンタポイント、じゃらんポイントが使える上にポイントまでゲットできます。

乗船券のお申し込みは⇒こちら

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
こっちが大型船ぱいじま2。安心感ありありって感じ。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

そんなムチ打ちになるような航海をしているとついに波照間港に到着!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

 

波照間島に着いたら真っ先にすること

先ずは真っ先にレンタル自転車を借りましょう。これが無いと島内巡りができません。さすがに歩きはつらいしね。ちなみにここは「ねも自転車」さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

波照間島の全体感

有人島として日本最南端の島です。人口500人弱。「日本最南端の碑」と島内にある波照間郵便局は「日本最南端の郵便局」でもあります。緯度が低く日本国内で南十字星を好条件で観測できる数少ない島です。島の周囲は自転車でまわれば2~3時間もあれば回れてしまう程の小さな島です。ちなみに信号はありません!

ニシ浜で癒されたら次は最南端の碑を目指しサイクリング

島内の小さな路地を走るも良し、島の周囲の道路を走るも良し南の島に吹く心地よい潮風に背中を押されながら目的地にGo!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
ペン汰
どうですか?こんな景色の中でのサイクリング。最高でしょ!!
 
日本最南端の碑に到着。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
ちなみにこちらの海はもろ外洋に面しているのでこんなに波が荒いんです!
hateruma

星空観測タワー(泊り訪れるなら絶対外せな)

波照間といえば満天の星空。観測タワーは島の南東端にあります。天体観測の障害となる気流の影響が少ないようです。そのため大気が安定していて星がくっきりと見えちゃうんです。南十字星の観測時期は12月~6月。昼間は屋上からの展望を。
hateruma

道路にあるマンホールもとってもキュート!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
そして夜にもなればこんな景色が頭上に。昼も夜もココまで感動を与えてくれる場所は日本国内ではここ波照間島しかないように思うのですが・・・。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

日本最南端の酒造所で作られる「泡波」

ここに日本最南端の酒造所があるんです。本土では以外に高値で取引されてることも・・
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 

波照間島のお泊りスポット

ここは煌びやかな是を尽くしたビーチリゾートホテルは1件もありません。いや、あってはならない場所なんです。美しい海と美しい星空に泡盛を傾けながら、ただただ悠久の時間を過ごすのです。それが波照間島での一番贅沢な時間のすごし方です。

ここには3つの民宿とペンション・ホテルが1つづつ合計5箇所のお宿があります。そんな中でもニシ浜の目の前の宿泊スポットを最後にご紹介しますね。

ペンション最南端

ニシ浜が眼下に広がるペンション最南端。無論、全室オーシャンビューです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
いかがでしたか、波照間島。もう最高でしょ! これが国内旅行で楽しめるなんて最高でしょ! あ最後に言い忘れました。夕日も最高です。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
管理人
ポッチと応援して頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

【c】【公式】トリップアドバイザー
波照間島 キャッチアップ
最新情報をチェックしよう!